Skip Navigation Linksホームページ|分野 |パッケージング |薬用ドロップ小瓶搬送

薬用ドロップ小瓶搬送

このシステムは、錠剤の小瓶の搬送目的で開発されました。このラインには、空の小瓶の再配置機、充填機、小瓶の充填計器、計量器、キャッパー、キャップのアルミニウムフィルム溶接機、 カートナー(小箱詰機)、シュリンク包装機、ダンボールケーサーがあります。

このラインは、C075Mシリーズのチェーンでできており、様々な機械を順に接続しています。

溶接機の後には、手動仕分けユニットがあり、小瓶を、小箱に入れるか、直接、最終のダンボールケースにいれるかを選びます。

このプラントは、速度管理や、蓄積管理や、各搬送機の前や後の機械とのシグナル交換の管理のために、独立した電気系統が備わっています。