Skip Navigation Linksホームページ|分野 |パッケージング |プラスチック製カップ搬送ライン

プラスチック製カップ搬送ライン

この加工ラインは、プラスチックのコップを3ラインで搬送します。成形機から、ボーダー付け機、そしてフィルム包装機を経て、ケーサーまで搬送します。


このラインの特徴は、ラインの中心部にある仕分け機が、廃棄された製品(ボーダーが付いてないコップや、不完全にフィルム包装されたコップの束)が、ラインの進行方向に直角に、ゆっくり進むデバイザー付ベルトコンベアB090上に仕分けされます。


振動する搬送機のおかげで、フィルム包装されたコップの束の流れを、手で箱詰めしたり、もしくは気圧搬送ラインに乗り、アキュムレータまで到着させることができます。 ケーサーの前に、アキュムレータ/仕分けユニット[SU 54482400]があり、重力滑り台と回転ドラムによって、製品を3ラインから2ラインへ、そして最終的にたった1つのラインへと、統合します。


主要な接続は、C075 と B045 の部品でできています。 この加工ラインは、プラスチックのコップを3ラインで搬送します。成形機から、ボーダー付け機、そしてフィルム包装機を経て、ケーサーまで搬送します。このラインの特徴は、ラインの中心部にある仕分け機が、廃棄された製品(ボーダーが付いてないコップや、不完全にフィルム包装されたコップの束)が、ラインの進行方向に直角に、ゆっくり進むデバイザー付ベルトコンベアB090上に仕分けされます。


振動する搬送機のおかげで、フィルム包装されたコップの束の流れを、手で箱詰めしたり、もしくは気圧搬送ラインに乗り、アキュムレータまで到着させることができます。ケーサーの前に、アキュムレータ/仕分けユニット[SU 54482400]があり、重力滑り台と回転ドラムによって、製品を3ラインから2ラインへ、そして最終的にたった1つのラインへと、統合します。主要な接続は、C075 と B045 の部品でできています。