プルサーとキープ イン タッチ!
プルサー情報を知ろう!e-mailアドレスをご記入ください。

Newsletter

送信

成功物語 - チェントラルカルタ社


チェントラルカルタ社は、プロフェッショナル用・業務用ティシューから、ご家庭用ティシューまで多種類のティシュー製品を取り扱う企業で、ペーパーナプキン製造、キッチンペーパーロール製造、トイレットペーパー製造など、イタリアや海外の製紙技術業界内で、代表的な存在として知られています。

 

ほんの数年前までは、業務用ロールは、職場や工場向けの、素朴で、低品質の製品と考えられてきました。しかしながら、近年、業務用製品は、「アウェー フロム ホーム」製品と呼ばれるようになり、その経済性と実用性から、昔ながらのキッチンペーパーロールに取って代わって、市場で占める割合が増加してきました。

こういった変化を察して、チェントラルカルタ社は、より多岐に対応でき、生産のキャパシティーを最大限に活用する目的で、包装の加工ラインのレイアウトを私共プルサー社に任せることを決断されました。

 

プルサー社がこのルッカ県のチェントラルカルタ社に貢献した生産における有利性は、相当著しいものでした。即ち、効率化のレイアウトによって、生産を行う際、複数のコンビネーションが可能になりました。新しいレイアウトのお陰で、ログソーは、出口レーンが1レーンまたは2レーンと、フレキシブルに機能できるようになり、同じように、包装機は1レーンまたは2レーンと交互に変更させてフィードされることができるようになりました。可能な組合せは、すべて、プルサーのオペレータパネルから指示を出す事ができます。

 

さらに、調和ソフトウェアのハーモナイザーは、包装機と「会話」をして、アキュムレータのレベルと、ログソーのカット速度との関連から、包装の速度を決定し、生産ラインの停止を回避できるようにラインを調和・調整します。他の大きな有利な点といえば、製品のフォーマットチェンジが、プルサーの調整ガイドを使ってできるという点です。この調整ガイドでは、コンベアのセクションの全ガイドの調整を、ラインを停止せず、正確に、120ミリから350ミリの直径の変更をすることができます。パッケージラインの全ラインは、モジュラーチェーンコンベアMC103を使用し、完全に防事故・安全仕様で、高速度でも静か、製品の蓄積にも適しています。

 

チェントラルカルタ社様のお陰で、プルサーは、その熟した経験を、業務用製紙製品の、トイレットペーパーやペーパーナプキンの加工ラインに、生かすことができました。そして、製品の質の向上と、リワインダーからパレタイザーまで、全体的なラインの生産性の向上に、意味ある貢献をすることができました。